上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の中山競馬は雪のため、中止となりそのため京成杯も中止となりましたが念のため予想と分析の方も書かせていただきます。                                                                        過去10年、牝馬の勝ち星はなく上位にも来ていません。                                               枠順別の上位数ですが、4と8枠の馬がよく好走しており、あとの枠はみんな平均的な感じに来ています。                                               勝ち馬の前走傾向ですが、前走左回りの馬はあまり勝てておらず、ホープルSで上位にきた馬はこのレースでは好走している傾向があります。                                                             上位馬の前走傾向ですが、ラジオ組は着外の馬が好走しており、エリカ賞組では1着馬が力を出せる。ホープルS組は5着馬までの馬。                                                               
予想                                                                             ◎ラウンドワールド。                                                                                   〇フェイムゲーム                                                                                     ▲マイネルマエストロ                                                                                 △アクションスター                                                                                     △マイネルストラーノ                                                                                 △フライムドグロワール                                                                          予想、分析における責任は一切しません
スポンサーサイト
昨日、重賞レース3連勝目指して頑張っていったんですが残念ながら外れてしまいましたね。すいません                                          ニューイヤーステークスの方は複勝だけであとはボロボロでしたね。ですが競馬は今日もあります。成人の日の今日は新しく成人になっている人、もう立派な成人の方もお近くのウインズまたは競馬場に行ってまた新しい一歩を踏み出していきましょう。                                                                                               昨日は武豊騎手が前人未到の3500勝を達成しましたね。ぜひ4000勝を目指して、頑張ってほしいですね。                                               そして、今日のメインはクラシック戦線を占う京成杯です。ちなみに私は去年行ったんですが、負けましたねwww雨も降っているということで今年は家で観戦しています。                                               今年のメンバーはラウンドワールドがいたり、エリカ賞馬がいたりと豪華メンバーがそろいましたがこの雨で馬場状態は悪いということで各馬たちが、悪い馬場をこなせるか注目ですね。                                               京成杯の分析と予想を早めにしていくので、そちらも注目してくださいね。
こんにちは、今回も当てにいく生きよいで頑張っていきます。                                               まず、勝ち馬の年齢数ですが牡4と牡5が4勝づつしているので、牡4と牡5から馬券を買っていく形になっていきますね。上位数も同じく、牡4と牡5が強い感じがしますね。牝馬に関してはあまりこの舞台では好走していませんし上位にも1回しか来ていないので、馬券にいれるのはちょっと厳しい感じがしますね。                                               枠順別の上位数ですが、どの枠からも上位に来てもおかしくない状態になっていますが、7枠だけ1回しかきていないことだけが心配ですね。                                                                       勝ち馬の前走傾向ですが、前走が阪神の14~18を走った馬に注目で中山では18を走った馬に注目です。前走が左回りを走った馬は1回しか勝っていません。                                                 上位馬の前走傾向ですが、ディセンバーSと今はないファイナルS組が好走してます。なので阪神コースで走った馬には注目で中山ではディセンバーS組に注目していきたいと思います。                                               また、前走左回りを走って上位にきた馬は3頭しかいないので左回りを前走走った馬はちょっと厳しいということを頭にいれてほしいと思います。                                                                ということで予想                                                                              ◎ネオサクセス                                                                                               〇タマモトッププレイ                                                                                                     ▲サンライズプリンセス                                                                                                 △コスモセンサー                                                                       △オセアニアボス                                                                                   分析、予想における責任は一切しません
今回も引き続き、分析と予想をしていきたいと思います。中でも重賞レースはいまのところ3連勝と乗りに乗っているので、今回も頑張っていきたと思います。                                                   過去10年間では牡4と牡5がともに強い感じがします。しかし牝馬はあまり力が出せていません、牝馬の勝ち馬の前走はすべて愛知杯だけという感じがあります。今回のメンバー中だとオールザットジャズだけです。そして2年連続有馬記念組が勝っており、今回も有馬記念からと思ったら、いないというwwwさらにこれという目立つ馬がいないので今回は荒れる可能性もありますね。                                                                 上位別年齢数も牡4と牡5がやはり強いですね。牝馬に関しては牝5だけしか結果は出せていませんね。                                               枠順別上位数は外枠が有利に感じますが、今の京都開催は内枠有利になっていますが、絶対ではないので外枠の馬を狙ってもいいかもしれませんね。                                                                   勝ち馬の前走傾向ですが、短距離馬はみなさんわかっていると思いますが、こないですね。あとは阪神や京都の外回りコースを前走走った馬は注目ですね。今回注目されているムスカテールの前走はアルゼンチン共和国杯でしたが、過去10年前走、東京で走った馬はこない傾向があります。これは上位馬の前走傾向でも同じことも言えますね。上位には1回しか来ていないです。                                                                               ◎カルドブレッサ                                                                               〇オールザットジャズ                                                                                    ▲サトノパンサー                                                                                          △エキストラエンド                                                                                       △カフナ                                                                                  分析、予想においての責任は一切しません
こんにちは、賞に受賞した馬たちを紹介していきたいと思います。                                               年度代表馬と最優秀3歳牝馬、ジェンティルドンナ。                                                      牝馬3歳が年度代表馬に受賞したのは初めてで、今年は牝馬3歳クラシックを全て制したほかに去年の年度代表馬オルフェーブルと死闘を演じたJCも牝馬3歳にして初制覇をしての年度代表馬に輝きましたね。今年の初戦はドバイシーマンクラシック芝2410mからというのがつい最近発表されました。来年も活躍してほしいです。                                               最優秀2歳牡馬、ロゴタイプ。                                                                     朝日杯FSでは、断然の1番人気のコディーノを倒して勝ちました。この結果で最優秀2歳牡馬に輝きました。鞍上を務めたMデムーロのインタビューでは距離が伸びても大丈夫ということで、来年のクラシックでも活躍してほしいですね。今年初戦は皐月賞トライアルのスプリングSからという話がでてきました。                                               最優秀2歳牝馬、ローブティサージュ。                                                                              阪神ジュベナイルSでは、新重賞アルテミスSを制したコレクターアイテムなどの牝馬たちを破って勝ったローブティサージュが最優秀2歳牝馬に輝きました。今年の活躍に期待したいです。                                               最優秀3歳牡馬、ゴールドシップ。                                                                       皐月賞と菊花賞の2冠を制し、さらには一流の古馬を倒しての有馬記念を勝ったゴールドシップが最優秀3歳牡馬に輝きました。今年初戦は阪神大賞典からという話がありました。オルフェーブルとジェンティルドンナに負けないような馬になってほしいですね。                                                                  最優秀4歳以上牡馬、オルフェーブル。                                                  去年はまさかの天皇賞春では大敗しましたが、宝塚記念では復活劇を演じそのまま凱旋門賞に向けて調整し、前哨戦のフォワ賞では鋭く伸び制し、凱旋門賞には2冠馬キャメロットがいたりと豪華メンバーがそろう中オルフェーブルは大外を引いたにも当日の人気は1番人気でしたが、惜しくもの2着でした。今年も凱旋門賞に行くと表明したので今年も頑張ってほしいですね。                                                                最優秀4歳以上牝馬、カレンチャン。                                                              去年を最後に引退しましたが、去年は高松宮記念を制しスプリンターズSでは惜しくも2着となってしまいましたが、すばらしい短距離馬でした。                                                           最優秀短距離馬、ロードカナロア。                                                        今年のスプリンターズSを制した後に日本馬初の香港スプリント制覇に輝きました。スプリンターズSでは大外からの強襲で制し、さらに香港スプリントでは直線そのまま伸びてせいしました。今年は多分高松宮記念からだと思うので頑張ってほしいです。                                                                   最優秀ダートホース、ニホンピロアワーズ。                                                         トランセンド、エスポワールシチーやローマンレジェンドがいる中直線伸びて制しました。鞍上の酒井学騎手にとっても初めてのGⅠ制覇になりましたね。今年もダート戦線で頑張ってほしいですね。                                               最優秀障害馬、マジェスティバイオ。                                                           去年は中山GJを制し、最後の中山大障害では惜しくも3着となってしまいましたがまだまだこれからの馬だと思うので頑張ってほしいですね。                                                                         
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。